会社概要

会社理念 ・お客さまへ生活支援 を通じて、“自分らしい 生活”を行えるように支援する。
・一人一人が自分と仲間の為に、プロとしての責任・誇りを旨に運営・経営を行う。
・地域社会へ貢献し、地域社会より信頼を頂き、地域社会の一員となる。
基本方針 1)“お客さまの事を考え・感じ、そして知り・動く”。
それがケアの第一歩であることを忘れない。
2)介護・福祉・医療というツール・専門技術を通じて、ご利用者さま・ご家族さま・
地域等が安心できる環境を提供する。
3)永続的・持続的な成長と共により良いサービス提供ができる体系を確立する。
4)苦しい決断ができる、リーダーを育てる。
5)チームケアを基本として、自らの役割・専門分野のプロフェッショナルを目指し、
信頼を中心にチーム全員が「Happy・幸せ」になることを目指す
6)会社理念・基本方針・事業計画に従い、常に最良・最善の道を模索し、提供する。
商号 株式会社シェルパ
Shelpa
(シェルパ)とは
シェルパとは、元々はネパールの少数民族の一つ。
20世紀に入り外国人のヒマラヤ登山が始まると、シェルパは高地に順応した身体を買われて荷物運び(ポーター)として雇われるようになった。その後、登山技術を磨いた彼らは案内人(ガイド)としても雇われるようになり、20世紀後半以降活発になったヒマラヤ登山では、彼らなしではヒマラヤ登山は成立しないといわれるほど重要な存在となった。
また、G8各国首脳にも、「シェルパ」と呼ばれる補佐役がいる。上記同様、もともとサミット(頂上)を目指す登山者の案内人のことで、その各国シェルパ同士が緊密に連絡を取り合い、事前調整が柔軟に行われる。 さらに、首脳会議の前には外相・蔵相会議が行われ、議論の方向性が大筋で確認され、これら入念な準備に基づき、G8は実効性ある議論を目指している。
当社のShelpa(本来のスペル Sherpa)には、上記2つの意味・内容を込めると共に、頭文字からSuccess Helping Patientとの意味も含め、「お客さまの成功を支援する」という思いを込めた。
お客さまが“何処を目指し”“どのように目的地へ到着したいのか”を我々がプロフェッショナルとして支援していく。 それが会社の名称に込めた思いである。
代表者 石川 洋一
TEL 045-620-3555
FAX 045-620-3677
メールアドレス
事業内容 本社、小規模多機能(2事業所)、福祉用具、居宅介護支援
資本金 500万円
設立年月日 2014年6月1日
本部所在地 〒221-0801 横浜市神奈川区神大寺3-2-7 KCハイム1階

アクセス

採用情報

  • 求人情報
小規模多機能型介護施設や福祉用具レンタルなど、株式会社シェルパにご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。 お電話の方はこちらからどうぞ 受付時間9:30~17:30
会社概要TOPへ